昔ながらの鍛冶屋 ”佐助” で過ごす、色んなひととき。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 2010.12.23より 三重・四日市のピアブランカさんへ! | main | 堺刃物 海を渡る アメリカ旅行記 >>
ギャラリーえんさんと愉快な皆様


隠れ家ギャラリーえんさん(名古屋・呼続)展示のようす

今日は11月末にえんさんで過ごした時のことを書こうと思います。
まずは・・・
本当にありがとうございました!!

一週間であまりにいろんなことを感じまして、
なんとも幸せな旅でした。
久しぶりに言葉にしてもいいきれない気持ちを感じます。

えんさんには、
あかちゃん(もちろんお母さんお父さんも一緒に)からおじい様、おばあ様
お客様や、イベントをされる方がた、  
いろんな方が自然と集まり、
心地よさそうに思い思いの時間をすごしてゆかれます。

オーナーの服部浩太郎さん、恵美子さん、ゆうたろう君が
暖かく見守っている町の皆さんのお家。まるで大家族のようです*

自分も こういう風にいたいな、こんな時間が流れる中で
暮らしていきたいなっ こういう空間を作って生きたいなと
素直に感じました。

思い出すとにんまり。

出会わせて頂いた愉快な登場人物を
おひとりずつご紹介・・・
したい気持ちいっぱいですが
ここはちょっと我慢して胸にしまっておきます。笑

えんさんと愉快な皆さま、夢のような時間をありがとうございました!!
言葉にしてもつたえきれない気持ちがあるものだなとしみじみ思います。

また、佐助のHPを見て足を運んでくださった皆様も、
わざわざ来てくださり、本当に感謝です!

日々、品物を楽しみにしていらっしゃる方のことを想像しながら
WEB上で文章をつづりながらも、直での会話とはやはり違って
「どうかなどうかな?届いているかな?」と手探りで書いているので

実際にそれを見てくださる方がいたのだというのを感じられるのが
すごく嬉しく思います。

ほんの少しですが、うずうずししていた気持ちを
ようやく綴ることができてよかったです。

名古屋...愛知...また行きたいところが増えました。


呼続駅 なんて読むのかが、現地で判明!よびつぎよびつぎ・・・



駅の階段を上がったところからみえる昔の「タバコ雑貨〒屋」さん。
看板の字とちょいこんとした佇まいがかわいらしいです。


駅からギャラリーまでの川と橋と空たち 気持ちよくて眠りそうです。


電線の上で鳥さんもランデブー


到着!おはようございます〜


 
今日も準備おっけい!




奥のお店 朝の準備中です。 どんな日になるかな


わいわい

 
ベストな鍵 発見!                電気の傘!

 
ランプシェード!                 ひょっとこ!


「皮むき包丁」を手にとって試し切りするエミコさん・・・切れ味やいかに!?どれどれ

私・・・赤ちゃんに刃物急接近 どきどき

背中にいるゆうちゃん・・・ママ何してるのかなあ
                                                        

白い陶のドリッパーと
銅製のドリッパーで
  
コーヒーの味くらべ準備をなさっているコウタロウさん。こっこの味は・・・!!

陶のドリッパーは、なんと、えんで品物を置いている作家さんお手製のものだそうですよ〜*
 
補佐 青池より
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://sasukenoblog.jugem.jp/trackback/61
TRACKBACK