昔ながらの鍛冶屋 ”佐助” で過ごす、色んなひととき。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< はじめまして旋盤くん | main | 良いお年を! >>
師走のふたとき


今朝の奥のこうば

布のむこうがわで
火の色に耳をすませる
静かな気配がします

焼入れの日の朝はいつも
少し特別な感じがします

カーテン越しの挨拶を交わして
今日も一日がはじまりました





柿たべる スズメちゃん

やっとこさ柿狩りができました。
ものすごい勢いで成長していた枝も
ばっさり切って
すっきり

柿を沢山つけていた
なが〜い枝を運ぼうと
持ってみますと

ずっしり

むこう鎚をはじめて持った時のような
驚きの重みです。

少しの間木を眺めていても
風でゆれることはあっても
自分から動き出したりしませんし
たいていはじっと穏やかにみえるので

この方が
こんなに重いものを持っていただなんて
全然気づきませんでした。

大事な実りを傷つけないよに
枝をしならせしならせ
重みをじっとささえていたんだなあ
生き物って成長するんだなあ

ありがたく
いただきますね


補佐
青池





スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://sasukenoblog.jugem.jp/trackback/87
TRACKBACK