昔ながらの鍛冶屋 ”佐助” で過ごす、色んなひととき。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 製作工程のページが加わりました! | main | 色と模様とぐふふふふ >>
火星の土
















火星の土では有りません
地球の土です 
ちなみに日本の大阪の堺にて
撮影しましたよ
うそを書いてごめんなさいね。

火星の土ってこんな風かもしれないと思いながら
炉の土壁からはがれた土の塊を
砕いておりました!
細かくした土をまた使って炉を補修する事ができちゃいます。


砕いても砕いても
どこまでいってもちゃんと砕けるのです
どこまでいっても完璧にきれいなのです
ほんとに良くできてるよなあ

そうでした
土の塊も砂つぶも
おんなじものから成っているのでした

素材一つとってみても
どんな風にひとつにするのか
どんな風に細かくするのかで
全く違うものが生まれるということ

当たり前だけど忘れそうなこと
改めて見せてくれました。

世の中には
いろんなモノゴトがあって
いろんな人がいて
いろんな方法があります

何をするにしても
「どんな想い」を持ってするのか

それだけを大事に暮らしていてもよいのでしょうかと
自分自身に確認したいんですね
きっと


補佐 青池

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://sasukenoblog.jugem.jp/trackback/93
TRACKBACK